麦ちゃん雑記

好きなこととか、その他諸々

Sharlock Homes: The Devil's Daughter 麦的ゲームレビュー

「ワトソンくん、この事件は僕にとって薬のようなものなんだよ。」

 

小学生の頃、先生の話になんて全く耳を貸さずにシャーロック・ホームズシリーズを読み漁っていた。

現代の探偵ものの礎ともなったこのシリーズを愛する人は多く、またその世界に浸っていた人も多いはずだ。

そんなシャーロック・ホームズをゲーム化したのがこの「Sharlock Homes: The Devil's Daughter」である

store.steampowered.com

開発は同シリーズを開発しているFrogware、パブリッシュはBigben Intaractive。Steamにて4980円で販売中(2018年2月現在)。

クリア時間は6時間程度。

 

シャーロック・ホームズの世界観を忠実に再現したこのゲームでは、プレイヤーがホームズとなってオムニバス形式で語られる事件を解き明かしていくのだが、特筆すべきは驚嘆するほど作り込まれたホームズの自室やベイカーストリート、ロンドンの町並みだろう

特にホームズの自室は、ロバートダウニーJrが演じたシャーロック・ホームズシリーズで見た光景をそのままゲームの中に落とし込んだような出来栄えで、リアリティがものすごい。

f:id:oomugi4:20180227172616j:plain

また、ロンドンの町並みや途中で出てくる各ロケーションはグラフィックの作り込みもさることながら、これが当時のロンドンです!と言っても過言ではないような雰囲気を感じ取れる。

f:id:oomugi4:20180227172642j:plain

f:id:oomugi4:20180227172645j:plain

 

ホームズは各話で起こる殺人事件を解決するよう求められるのだが、事件に関わりのある人間を観察することで人物像を完成させたり、手紙などに出てくる住所を実際のマップ上で発見したりするなど、ホームズをロールプレイする事が可能だ。

f:id:oomugi4:20180227173043j:plain

f:id:oomugi4:20180227173047j:plain

基本的には証拠品や目撃者はインタラクトする事が可能で、しっかりとフラグを立てていかないとストーリーは進まない。

一応目標はケースブックを開くことによって表示されるので迷うことは少なかった。

 

加えて、このゲームではホームズ=プレイヤーが事件の顛末を決めることができる。ある程度までストーリーをすすめると、犯人を逮捕する、もしくは赦すという選択を迫られるのだ。

このあたりはゲームがゲームであるがゆえの特徴をうまく取り込んでいたように思う。

f:id:oomugi4:20180227173409j:plain

 

欠点を上げるとするならば、まずこのゲーム、アクションの9割はQTEによって構成されているというところだ。

選択を間違えると直前からQTEをやり直しさせられる様は、まるでループものの世界に入り込んでしまったかのようだった。

 

また、パズル要素も多いのだが「面倒くさい人は飛ばしてくださいね」とでもいわんばかりにパズル要素をスキップできる仕様が実装されており、いまいちパズルを解いてストーリーを進めるといったインセンティブに欠けてしまっている。

また、パズルの種類はそこそこ多いものの後半になってくると、「あ、このパズルさっきやった。」であるとか、「このパズル、いる?」といった気持ちが強くなってきてしまったのは否めない。

f:id:oomugi4:20180227174526j:plain

(わざわざこのようなQTEを加えるのはかえってゲームのテンポを悪くしている気がする。)

 

また、ストーリー自体も結末は全くドラマチックであるといったことはなく、割りと淡々と終わってしまうのでカタルシスに欠ける

名探偵コナンでよく見る、「あいつが...あいつが悪いんだ...(涙声)

」という展開よりも、「お前は報いを受けるぞ!」と言われるような展開のほうが多く、またその伏線が後で効いてくるということはない。

 

 

概して言えば、本の中で想像したベーカー街、ロンドンを散策するにはうってつけだが、そこ以外に期待はしないほうがいいゲームだろう。

Alien Isolation 麦的ゲームレビュー

ようやく暖かくなってきましたが未だこたつから抜け出せません。麦人です。

 

みなさん、映画やアニメのゲーム化についてどう思いますか?

昨今はスパイダーマンバットマンなどアメコミのゲーム化が多いように思われるが、特に海外開発のアメコミ原作ものは原作の再現をゲームの面白さと共存させながら制作されており個人的には高評価なものが多い。

そんななかプレイした「Alian Isolation」も、そんなお気に入りの作品の中の一つになりました。

f:id:oomugi4:20180224111124j:plain

 

2014年発売。開発、パブリッシュはSEGA。本編クリア時間はノーマルモードで11時間ほど。DLC2つは1時間ほどでクリアー。

 

まずこの作品、原作への愛がとてつもなくすごい

正直、僕がプレイしてきた映画、コミック原作のゲームの中ではトップクラスの原作再現度だ。なので、まずは映画、エイリアン(1979年)を観てからプレイすることをおすすめする。

f:id:oomugi4:20180224111556j:plain

f:id:oomugi4:20180224111611j:plain

(映画を観たことがある人ならこの部屋に見覚えがあるはずだ。)

 

特に、近未来のガジェットにあえてレトロなパーツを取り付けるいわゆるレトロフューチャー感も再現している。また、モーショントラッカーや火炎放射器など、原作ででてきたガジェットを使えるのもポイントが高い。

 

ストーリーのおおまかなあらすじとしては、エイリアン1作目の主人公、エレン・リプリーの娘、アマンダ・リプリーが消息を絶った母の手がかりを回収するため、宇宙船「セヴァストポリ」を探索するというものになる。

このセヴァストポリ内部の作り込みもしっかりしており、特に光の当て方であるライティングによる雰囲気の出し方が印象的だった。

f:id:oomugi4:20180224112504j:plain

f:id:oomugi4:20180224112517j:plain

また、本作にはエイリアンの宇宙船を探索する階層パートがあるのだが、ここの原作再現度は群を抜いて高い。

f:id:oomugi4:20180224112710j:plain

f:id:oomugi4:20180224112721j:plain

やはりこのゲーム、映画の世界を歩き回れるというところが一番大きなポイントだろう。

 

 

さて、ではゲームシステム的な話はどうなのだろうか。

本作の敵は3種類いる。すなわち、「人間

f:id:oomugi4:20180224113151j:plain

アンドロイド

f:id:oomugi4:20180224113217j:plain

エイリアン

f:id:oomugi4:20180224113231j:plain

だ。なるほど、この3つの要素のどれが欠けてもエイリアンのゲームではない。

ゲーム内ではアイテムをクラフトし、それによって回復や攻撃ができるのだが、唯一エイリアンだけは完全に倒す手段がない。故に逃げ回らなければならないのだが、たまに本当に理不尽に殺されることがある。というか、意図的に初見殺しをされるのですこしイライラしたことは事実だ。

また、エイリアンは走ったり物音をたてるとダクトを通じて一瞬で駆け寄ってくるので、エイリアンが徘徊するステージではまず走れない。これはゲームのテンポを悪くしていたと思う。

テンポといえば、やはりアクションゲームで11時間は少し長いようにも感じた。特にこのゲームは目標をクリアして脱出できるか?と思えばダメでした、ということがおおく精神的にも疲れるしメリハリがない。個人的には7~8時間に収めてほしかった。

 

しかしやはりエイリアンの描き方は目をみはるものがあり、しっかりとエイリアンを観察できたのでそこには満足している。特に後半訪れることとなるエイリアンの巣ではフェイスハガーや複数のエイリアンが闊歩しているのを見ることができる。

 

 

総じて言えば、このゲームは映画、エイリアンを愛する人に捧げられたファンディスクであり、映画と切り離して評価することは不可能である。何気ないディテールに原作への愛が感じられるので、プレイする方はぜひ映画を観てからプレイしよう

SOMA 麦的ゲームレビュー

一ヶ月間左腕が使えなかったのでキーボードが打てませんでした。

お久しぶりです。麦人です。

 

さて、腕は使えなくともずっとゲームはしておりましたよ!ええ!

そんな中クリアしたゲームをレビューしようと思います。

 

今回は「SOMA」

f:id:oomugi4:20180223004721j:plain

store.steampowered.com

開発、パブリッシュは「Amnesia the dark descent」、「Penumbra」シリーズでおなじみのFrictional games。発売は2015年。8時間ほどでクリア。

2980円(2018年2月23日現在)。

 

筆者は一応PenumbraとAmnesiaの1作目はプレイしたことがあるのだが、どちらもいい恐怖感(今となっては少し古いが)を体験できたので今作も期待しながらプレイした。

クトゥルフ神話をベースとした前2作とは違い、今作は近未来SFがストーリーの主軸となっている。

 

大怪我を負い治療のためにトロントの病院で脳スキャンを撮りに行ったサイモン(主人公)は、スキャンを撮り終えた瞬間海底の研究所へ飛ばされていた...というのが大まかなあらすじである。余談ではあるが筆者がトロントで勉強していた頃散々使っていた地下鉄の駅名が出てきたりしてノスタルジーを覚えた。まぁ、トロントのシーンは会誌分程で終わってしまうのだが。

 

ロケーションが海底、ということもあり(これも設定として説得力のある理由があるのだが)本作のロケーションはバイオショックラプチャーを思い起こさせるものが多かった。海中にも魚や微生物がいたり、激しい海流が流れている場所もあって多彩な見せ方で描いている。特に苔やフジツボの表現が好きだ。

f:id:oomugi4:20180223012421j:plain

f:id:oomugi4:20180223010101j:plain

(この海中トンネルとか、ビッグダディが出てきそうだよね。)

 

本作はストーリーが肝なゲームなので、ネタバレはできるだけ避けたいのだが、あえてひとつ言うことができるとすれば星新一の作品に類似していると言えるかもしれない。

幾つかの場面ではゲームが(もっと言えば開発者が)主人公(プレイヤー)に大きな決断を迫ってくる。

主人公や探索の途中で出会うキャラクターの行く末、はたまた人類の存在が主人公の選択によって決まってしまうのだ。

筆者はある選択のときには5分ほどボタンをおすのを躊躇してしまった。それほどこのゲームにおける「選択」という行為はリアリティを持って迫ってくる。

 

また、このゲームには途方もない「孤独感」を感じさせるものがあった。一応パートーナーとなる存在はいるのだが、肉体は存在せずデータのみの人格であり、そこに侘しさを多々感じた。加えて、かつて人が存在していた生活感がしっかり描写されているが故にそこに人がいないときの欠落感、絶望感というものをうまく表現できていると思う。

特に、ラスト10分ほどのシーンではまさか!と思わせる展開が仕込まれており、エンディングを迎えたときの寂寞感がこのゲームをより一層特別なものにしている。このエンディングのためにいままでのサイモンの冒険があった、なのに...。気になる人は今すぐプレイしてほしい。

 

ゲーム部分については、攻撃できない敵からステルスして逃げる、といったものであり、その他の部分はむしろウォーキングシュミレーターに近いものがあるかもしれない。そこかしこにある音声ファイルを拾っていき、過去そこで何があったかを追求していく部分などはまさにそうだろう。特にFrictionalGamesはこの手のストーリーテリングAmnesiaなどで採用していたので下地は充分にあった。

 

一応ホラーゲームということもあって、ホラー表現も多少はあるのだがそこまで重点を置いているようには感じなかった。

f:id:oomugi4:20180223011537j:plain

ゴア表現が多少はあるので体制がない人は要注意だが...。

 

 

間違いなく損をすることがないくらい感情を揺さぶられる一作なので、セール時などにぜひ遊んでみてはいかがだろうか。

Metro Last Light 麦的レビュー

明日から手術です。イヤーン。

さて、ツイッターの方で黙々とゲームレビューの方を上げていたのですが、字数制限などのこともあり今日からは放置していたこのブログの方でゲームレビューをしていこうかと思います。

 

一発目のゲームレビューはこのゲームから!

 

Metro Last Light

f:id:oomugi4:20180121164553j:plain

store.steampowered.com

 

ロシアの作家、ドミトリー・グルホフスキーが描く核戦争崩壊後の世界をウクライナ発の4AGamesが開発、セインツロウなどのパブリッシュにも携わるDeep Silverによって発売された。前作、「Metro2033」からの続編であり、同じ4Aエンジンによって制作されている。

 

ジャンルとしてはいわゆるポストアポカリプス世界を冒険するFPSで、FalloutシリーズやThe Last of USなどを思い起こさせる。

 

2013年に発売されたゲームではあるものの、リマスターによってグラフィックは大きく改善されており、地下世界や荒廃した地表などの繊細なグラフィックが特徴となっている。

 

Steam版には日本語が導入されていなかったので筆者は英語でプレイしたのだが、ロシア訛の英語は時に面白くもあり、荒廃したロシアが舞台という設定に大きくロシア感を覚えた。

 

まずは良かった点からあげていこう。

 

・細部まで拘った魅力的なロケーション

 

前作、Metro2033にも見られたが、このゲームの魅力は何と言っても生活感や各崩壊後の世界の残酷さを見事に表現できていることだといえよう。

例えばこのロシアの荒廃した地表などは、廃墟マニアからしたら一度見たら忘れられないロケーションである。

f:id:oomugi4:20180121165908j:plain

f:id:oomugi4:20180121165839j:plain

f:id:oomugi4:20180121165846j:plain

さらに、Metroの世界には、主人公が所属する「オーダー」、某帝国が復活した「ナチス」、共産主義を掲げる「レッド」の三大勢力によって構成されているのだが、その人々が生活するメトロ内の描写も圧倒的だ。

f:id:oomugi4:20180121170335j:plain

f:id:oomugi4:20180121170338j:plain

f:id:oomugi4:20180121170342j:plain

f:id:oomugi4:20180121170345j:plain

(主人公勢力の「オーダー」本部。前作最後に侵入した秘密基地を基盤に生活していることが伺える。また、失われた技術である地下鉄を見ることができる数少ないロケーション。)

 

f:id:oomugi4:20180121170519j:plain

f:id:oomugi4:20180121170523j:plain

f:id:oomugi4:20180121170541j:plain

(「ナチス」本部。なぜナチス思想がロシアの世界に広がったかは謎。小説を読めばわかるかも。)

 

f:id:oomugi4:20180121170655j:plain

f:id:oomugi4:20180121170658j:plain

f:id:oomugi4:20180121170702j:plain

f:id:oomugi4:20180121170705j:plain「レッド」本部。曰く、金も食べ物もすべてを共有するから争いは起こらないだとか。また、遊郭的な場所もしっかりと描写されていたりする。食べ物屋で売られているキノコはメトロ内で光を発しているが食べられるのだろうか、、、。)

 

・「リアル」だけが売りではないストーリー

本作は「リアルさ」にこだわっているのは間違いないが、それだけがこのゲームの良さではない。

このゲームが他のポストアプカリプスものと一線を画しているのは、そのストーリーにリアルでない一面を内包している点だ。

例えば、前作には触れたものを即死させる「影」や、気まぐれに現れものを破壊する「光」などが存在したりしていたのだが、今作では地表に残留する「怨念」であったり、核戦争前の「幻視」を主人公が体感したりする。

 

f:id:oomugi4:20180121171551j:plain

(ストーリー途中で遭遇する「怨念」。生者を引きずり込もうとしているのか?)

f:id:oomugi4:20180121171610j:plain

f:id:oomugi4:20180121171603j:plain

(核崩壊前のロシア。主人公を取り巻く現在と違って平和な世界が伺える。)

 

また、今作は前作で主人公が滅ぼした「ダークワン」という人間の新たな敵を巡るストーリーになるのだが、「赦し」をメインにおいたストーリーはところどころでプレイヤー側にその判断を委ねてくる場面もあり、プレイヤーを傍観者としておくのではなく、主体性を感じさせる作りにもなっているところは評価したい。

 

・ガジェットや敵など

前作から引き続き、資源のない中で工夫して作った感のある武器や、放射能によって突然変異したエネミーたちの魅力は本作でも十分発揮されている。特に、暗闇で見えないところから敵の唸り声が聞こえてきたり、とんでもない物量で襲い掛かってくるところは本作のホラー感に貢献しているところである。

ただし、前作より武器の種類が減っているであろうことは留意したい。

筆者が見つけられなかった可能性もあるが。

 

また地表に出たときはガスマスクを装備しなければいけない点や、定期的に自家発電をしないとライトの光が弱まってくる点なども本作の説得力を上げていることは間違いない。

 

 

では、悪かった点もあげていこう。

・システム面

まず、今作は前作までしっかりできていた解像度表示がなぜか1920×1080でプレイできない。映像表現そのものに汚い点などは見られなかったが、やはり気になるところではある。筆者のプレイ環境に問題点があるかもしれないが・・・。

 

また、ゲーム後半は頻繁にクラッシュした。これは困りものである。原因はよくわからない。

 

ゲームパッドでプレイしていたのだが、その操作性も決していいとは言えるものではなかった。特にエイム面はエイム速度を上げたにも関わらずイマイチだったと言わざるをえない。

 

・ストーリー面

今作のストーリーは、前作をないがしろにするような一面があったことは否めない。ネタバレになるので言及は避けたいが、今作をプレイしてから前作をプレイすると前作の苦労は一体何だったんだ、、、となること間違いないであろう。

 

総評

やはり徹底して考え抜かれた世界観やアートは圧巻である。

小説は小説特有の表現があり、それを映像に落とし込むということは簡単にできるものではないが、4AGamesは見事それらをゲーム的表現に落とし込んだと言えよう。

また、すでに次回作であるMetro Exodusのリリースも決定しており、新作が出る前に予習したいタイトルである。

オススメです!

植物園

ラテン系の女の子はどうしてああも可愛いのでしょうか。

ドキドキが止まりません。麦人です。

 

さて、こないだトロント植物園に行ってきましたよ〜!

f:id:oomugi4:20170510145009j:image

 

ダウンタウンから電車とバスで30分ほど。

アクセスしやすいところにありました。

 

ここのところずっと雨で天気が悪かったのですが久しぶりの快晴。

暇つぶしも兼ねて行ってきました。

 

みよ、この見渡す限りの大草原を!!!

f:id:oomugi4:20170510145154j:image

すごいですよね、この広さ。悩みがあっても吹っ飛びそう。

ニューヨークもそうでしたが都市と自然の共存関係がとてもうまく図れていると思います。

ジャングルコンクリートで育った僕にはこれくらいの自然でも気持ちいいと感じてしまうのです。

 

f:id:oomugi4:20170510145347j:image

お花も超綺麗。まだ咲いてないチューリップもあったけど。

 

f:id:oomugi4:20170510145421j:imagef:id:oomugi4:20170510145431j:image

動物たちもたくさんいてなんとも牧歌的な時間が流れておりました。

f:id:oomugi4:20170510145525j:imagef:id:oomugi4:20170510145538j:image

 

ガールズたちと行ったんですが、どこの国でもガールズたちは自分の写真を撮るのに夢中で全然足がはかどらなかったです笑

ガールズおそるべし。

 

夏にまた行きたいなぁ。

 

スターウォーズデー

やっと住んでいるところが自分の家だと実感できるようになりました。

人は生活に適応するのに1ヶ月はかかるんですね。麦人です。

 

さて、このあいだの5月4日はスターウォーズデーでした!

作中を代表する言葉、「May the fource be with you」と「May the 4th be with you」をひっかけたネットジョークからこの日がスターウォーズデーになったらしいです。曰く2011年から続いているとのこと。

しかもその発祥の地はなんとここトロント!!!

それはもう盛大なイベントが開催されましたよ!

 

f:id:oomugi4:20170507142943j:image

場所はyounge dundasのHard Rock Cafe

世界の大都市ならどこにでもある有名なあれですね!

当日は外で写真撮影がある予定だったのですがあいにく雨でおながれ…

 

f:id:oomugi4:20170507143212j:imagef:id:oomugi4:20170507143220j:imagef:id:oomugi4:20170507143229j:image

でも中は見事にスターウォーズファンがたくさん!笑

トームトルーパーの中には汚れ感をペイントしたコスプレまで

す、すげぇ…

 

f:id:oomugi4:20170507143333j:image

(ベイダー卿とパシャリ。フォースの波動を感じました。)

 

イベントにはコスプレコンテストやロッタリー、クイズ大会などもあって(勝者にはラスベガス行きのチケット。ワォ。)大盛況をおさめてました。

また収益は全て寄付金に回されるとのこと。太っ腹だぜ!

 

f:id:oomugi4:20170507143545j:imagef:id:oomugi4:20170507143551j:imagef:id:oomugi4:20170507143557j:imagef:id:oomugi4:20170507143601j:imagef:id:oomugi4:20170507143605j:image

(デコレーションケーキたち。なかにはクスリと笑えるものも。)

 

んで、帰りがけになんとディランがライブで使ってたギターと服が!!!

f:id:oomugi4:20170507143721j:imagef:id:oomugi4:20170507143724j:imagef:id:oomugi4:20170507143728j:image

これはなんかもう運命ですね笑

 

これからもスターウォーズデーがずっと続き、日本でも有名なイベントになるといいですね!

フォースと共にあれ!

 

はんばぁがぁ

この前22歳になりました。

ホームステイ先でケーキが出てきたり学校の友達にハグしてもらったり幸せでした。

ももう年は取りたくありません。麦人です。

 

さて、この前美味しいハンバーガーを食べたのでここで報告させてもらいますぞ。

実はニューヨーク行ったときに毎日違うハンバーガー食べてたくらいハンバーガーフェチです。

日本のハンバーガーはハンバーガーじゃねぇ!!!

 

と、いうわけでここに行ってきました。

f:id:oomugi4:20170430120157j:image

3brewersという名前のビール屋さん!

場所はyounge dundasのちかくで結構人通りは多かったですね。

ビール屋さんにいいハンバーガーが置いてあるのはもはや常識。

f:id:oomugi4:20170430120845j:imagef:id:oomugi4:20170430120850j:image

(内装。なかなかオシャレ)

 

しかしまぁ先ずはビールから…

f:id:oomugi4:20170430120433j:imagef:id:oomugi4:20170430120443j:image

このビール屋さんの特徴は自分の好きな色のビールを選べるところでした!

例えば、白いビールは魚にあうとか黒いビールは肉にあうとかそんな感じ。

今回はホワイトを選びました。

f:id:oomugi4:20170430120558j:image

これで5ドルでしたね。値段としては多少割高感。

友達はもっと大きいの選んでました。これで10ドル

f:id:oomugi4:20170430120611j:image

 

さてお待ちかねのハンバーガー…

デンッ!

f:id:oomugi4:20170430120829j:image

んん〜!たまらんですなぁ。

これがハンバーガーですよみなさん。

モス?マクド?そんなものはそこらへんの野良犬に食わせておきなさい。

 

頼んだのはトラディショナルバーガー。やはりオーソドックスこそ正義。

ポテトがついて13ドルでしたね。まぁ上質なハンバーガーが食べたかったら金を払え、ということです。

味は申し分ありませんでしたうふふ。このための生きてるって感じ。

あとポテトのカリカリかなたまんなかったですね。書いてたらはらへってきた。

またおいしいハンバーガー探しに生きたいと思います。

 

 

あと、今週で仲良くなったドイツ人の友達とお別れしました。

1ヶ月もなかったけど、そんな短い時間でもこの人と会えて一緒に勉強できて嬉しかったな、と思える不思議な魅力のある人でした。

これでいつかドイツに行って一緒に遊ぶという目標ができたのでそれはそれで嬉しいです笑

サークルにいた奴らにも会いに行きたいしね。

 

これから先こういう出会いと別れがたくさんあるんだろうな

頑張るぞお